就活よくある悩み

就活が怖いと感じる方へ。不安で動けない原因と解決方法!即実践可能

就活

 

就活生

就活が怖くて、動けない...原因と解決策を知りたい

就活は人生で初めての経験だから、とても不安に感じますよね。

僕自身もとても不安を抱き「就活怖い!」と思ってました。

ユメオ

僕自身の実体験をもとに、「就活が怖いときの解決方法」をご紹介します。

この記事を読めば、あなたの「就活の不安が解消」すること間違いなしです。

ぜひ参考にしてください。

就活が怖いと感じる原因

就活

就活が怖いと感じる原因は以下の通り

就活が怖い原因

  • 全落ち・選考に落とされるのが怖い
  • 話せるエピソードがなくて怖い
  • 面接など人前で話すことが怖い

 

上記のようなことが原因として考えられます。

それでは1つずつ解説していきますね。

全落ち・選考に落とされるのが怖い

1つ目は「全落ち・選考に落とされるのが怖い」ということ

これが1番多い原因なのではないかと思います。

就活は、何十社も内定を獲得する人もいれば、1社も内定をもらえない人もいるのが現実です。

しかし、そんなに怖がる必要はありません。

厚生労働省の調査によると令和3年3月大卒者の就職率は「96%」と高い数字を示しています。

しっかり、準備すれば、就職することはできます。

A. 最近の井上さん

B. 昔のアシンメトリーヘアの井上さん

 

話せるエピソードや実績がない

2つ目は「話せるエピソードや実績がない」こと

これは僕も就活が不安だった原因の1つです。

しっかり自己分析を行うことで、エピソードは見つかりました。

 

つい、自分には何もないんだと考えがちです。

なぜなら、つい周りの人のエピソードがすごいと感じてしまうから。

実際世界一周や1年間の海外留学など、ものすごいエピソードを持っている人はごくまれにいます。

しかし就活で大事なのは、エピソードや実績といった結果よりも、結果を得るための過程です。

あなたにもきっと、頑張ってきたことや話せることは何かしらあります。

アルバイト、サークル活動、趣味で没頭したことなどなど、自分について振り返るとおのずと見えてきますよ。

面接など人前で話すことが怖い

3つ目は「面接など人前で話すことが怖い」こと。

大学受験は一般的に面接がなく、テストの結果だけでしたよね。

しかし就活はむしろ面接がメインです。

中には圧迫面接の企業もあるので、面接は就活怖いと感じる原因だと思います。

僕も正直とても怖かったですが、それは最初だけでした。

回数をこなしていけば、自然に慣れます。

「自分という商品」をアピールする絶好のチャンスだと思って取り組みましょう。

【原因別】就活が怖くて動けないときの解決方法

就活

就活が怖いときの解決方法は以下の通り

原因別・解決方法

  • 全落ち・落ちるのが怖いなら考え方を変える
  • 話せるエピソードがないなら自己分析と他己分析を極める
  • 面接が怖いなら繰り返し面接練習をする

それぞれ1つずつ解説していきます。

全落ちが怖いなら、考え方を変える

1つ目は「考え方を変える」こと。

全落ち・落ちるのが怖いと思うのは、「普通に受かる」と思っているから。

就活の倍率の高さを知っていますか?

こちらの記事でも書きましたが、就活の倍率は大学受験の比べ物にならないくらい高いです。

100倍、300倍を超える企業は普通にあります。

初めから「普通に受かる、受かって当然」と思わないほうが、メンタル面で安定します。

落ちても受かるまで就活を続ければいいだけです。

落ちたら、何がダメだったのか、どこを改善すればいいのかを突き止めていきましょう。

 

エピソードがないなら、自己分析と他己分析を極める

2つ目は「自己分析と他己分析を極める」こと。

これに尽きると思います。

 

自己分析で過去について徹底的に振り返り、就活でアピールできそうなことを探します。

これは、とんでもない成果でなくても構いません。

面接官はあなたがどういう人か知るために、学生時代に頑張ったことや自己PRを聞きます。

エピソードや実績を他人と比較する必要はありません。

自分の中でどのように創意工夫したのかを語ればOKです。

 自己分析についてはコチラ

自己分析と同様に他己分析も行いましょう。

なぜなら、自分では気づいていなかったことが見えてくるから。

僕も実際に友人に頼んで他己分析してもらいました

自分では気づけなかった「魅力・強み」などを知ることができました。

もし、他己分析をしてくれる友人などがいないのであれば、就活エージェントに相談してみるのもアリです。

就活エージェントは就活のプロなので、あなたについてヒヤリングすることで、あなたの魅力や強みなど、客観的な意見をもらうことができます。

>>オススメの就活エージェントはコチラ

 

面接が怖いなら、繰り返し面接練習する

3つ目は「繰り返し練習する」ことです。

初めてのことをやる時って緊張や不安で怖くなりますよね。

・アルバイト初出勤

・昔初めていく美容院

初めて会う人

などなど上記のように、最初は緊張しますよね。

僕も初めての就活の面接はとてもビビってました。

しかし、回数をこなしていくうちに慣れました。

面接が怖いのは最初の数回だけです。あとは慣れます。

アルバイトも最初の数回は不安いっぱいで怖かったけど、慣れた経験ありますよね?

これと同じです。

 

いきなり本番が怖いなら、練習をするようにしてみましょう。

動画を撮影して練習や友人と面接練習してみるのもオススメです。

友人と面接練習すると、自分が採用担当者になった時をイメージしやすくなるので、違った視点を取り入れることができます。

数をこなせば、確実に最初の不安は減るはずです。

 

まとめ:就活が怖いときこそ動き出そう

就活

 

いかがでしたか?

本記事では、「就活が怖いときの解決方法」について解説してきました。

最後に記事のおさらいをしましょう。

本記事のおさらい

就活が怖いと感じる原因

  • 全落ち・落ちるのが怖い
  • 話せるエピソードや実績がないことが怖い
  • 面接など人前で話すことが怖い

就活が不安で動けないときの解決方法

  • 考え方を変える
  • 自己分析と他己分析を極める
  • 繰り返し面接練習をする

就活が怖いと感じるのは、あなただけではありません。

世の中にどんな企業があるのか調べてみるのもいいですよ。

YouTubeで企業紹介しています。ぜひ遊びに来てください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-就活よくある悩み
-