就活準備

【超簡単】自己分析のやり方を新卒就活生向けに解説!【具体例アリ】

就活

就活で自己分析が大事とわかったけど、「どうやったらいいかわからない」と悩んでいませんか?

この記事では、「自己分析のやり方」をわかりやすく解説します。

本記事の通りに自己分析を進めれば、内定にグッと近づくと思います

自己分析の目的からやり方まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

そもそも自己分析とは?

考えている人

自己分析とは、「自分が生きてきたこれまでの経験や思考を整理し、自分の能力や性質、強みや弱み、価値観などを理解する」こと。

自己分析

  • 自分がどういう人生を送ってきたか
  • 自分が大切にしている価値観は何か
  • 自分はどういう時に喜びを感じるか
  • 自分が周りの人より得意なことは何か
  • 自分がどのようなキャリアを歩んでいきたいか

上記のようなことを振り返ったり、自分に問いかけたりすることで、自分自身についての理解を深めます。

それでは次の章から、自己分析の目的をみていきましょう。

自己分析の目的

ポイントを示す人

自己分析の目的は以下の2つです。

自己分析の目的

  • 自分のことを知る
  • 就活の軸を明確にする

1つずつ解説していきますね。

自分のことを知る

1つ目は「自分のことを知る」こと。

自分のことを知る重要性は、孫子の言葉からもわかります。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

引用:孫子

わかりやすく言うと、「敵の実力と自分の実力をきちんと知っていたら、負けることはない」ということです。

自分自身について、理解していると下記のようなメリットがあります。

自分を知るメリット

  • 自己PRや志望動機で、独自性のある発言ができる。
  • 面接で深掘りされたときに、対応できる。
  • 自分の価値観にあった企業選びができる。
  • 面接で語るエピソードをつくることができる。
  • 自分の強みや弱みを理解できる。

上記のように、自己を知ることは多くのメリットがあります。

就活で内定を勝ち取るために、まずは、自分のことを知りましょう。

就活の軸を明確にする

2つ目は、「就活の軸を明確にする」こと。

就活の軸を明確にする理由は、企業が多すぎて選ぶのに苦労するから。

日本に企業は、大企業1万1,000社、中小企業は380万9,000社あるといわれています。

この中から選ぶのは、就活の軸がないと大変です。

就活の軸を明確にするメリット

  • 企業選びがしやすくなる
  • 企業とのミスマッチを防ぐ
  • 効率良く就活を進められる

上記のようなメリットがあります。

自己分析☞「就活の軸」が完成☞効率よく就活が進む

いきなり、「過去を振り返えろ!」と言われても、なかなか難しいのが現実ですよね。

そこで、誰でも簡単にできる「自己分析のやり方」を3つ紹介します。

【超簡単】自己分析のやり方 新卒就活生向け

分析している人

自己分析のやり方は以下の3つです。

自己分析のやり方

  • モチベーショングラフを書く
  • 自分史を書く
  • キミスカの「適性検査」を使う

順に詳しく解説していきます。

ぶっちゃけ、モチベーショングラフや自分史を作るのは、面倒かもしれません。

そんな時は、キミスカの「適性検査」だけやってみるのもありです

モチベーショングラフを書く

1つ目は「モチベーショングラフを書く」こと。

モチベーショングラフとは、これまでの人生をモチベーションに着目してグラフ化したもの。

グラフ化することによって、気持ちの上下を可視化できます。

モチベーショングラフで書くことは以下の通り。

モチベーショングラフで書くこと

  • 自分が一番うれしかったこと
  • 自分が一番大変だったこと
  • 自分が一番がんばれたこと

上記のような、エピソードを思い出して、書き出します。

モチベーショングラフを書くメリットは以下の通り。

モチベーショングラフのメリット

  • 面接で使えるエピソードが思い浮かぶ
  • モチベーションが上がる時がわかる
  • 自分が大切にしている価値観がわかる

上記のような、メリットがあります。

モチベーショングラフを実際にやる具体的な方法は以下の通り。

具体的な方法

  • 横軸を時間軸、縦軸をモチベーションのレベルとする
  • エピソードを書き、点を打つ
  • すべて書き終わったら、点線をつなぐ
  • 曲線をみて、なぜこのような曲線になったか考える

モチベーショングラフの例
参照:キミスカ


写真のように、モチベーショングラフを書きます。

ペンと紙さえあれば、簡単にできるので、ぜひやってみてください。

自分史を書く


2つ目は「自分史を書く」こと。

自分史とは、「自分の歴史」のこと。

わかりやすくいうと、自分の伝記をつくるようなものです。

自分史を書くことで、自分の強みや弱みを再認識し、自分を客観視することができます。

自分史で書くこと

  • どんな出来事があったか
  • どんな行動をしたのか
  • どんな風に感じたか(感情)
  • 何を身につけたか

上記のようなことをみていきます。

具体的な自分史の書き方は以下の通り。

具体的な方法

  • 小学校、中学校、高校、大学で区切った枠をつくる
  • 印象的な出来事を書く
  • どんな行動をとったか書く
  • その時に感じたことを書く
  • 身に着けたことを書く

自分史の例

写真のように、自分史を書いてください。

きっと、あなたの中で大事にしているものや強みが見えてくるはずです。

自己分析ツールを使う

3つ目は一番簡単な「適性検査」を行うこと。

モチベーショングラフや自分史を作るのが面倒な人は、まずは自己分析ツールを使うのをオススメします。

オススメの自己分析ツールはキミスカの「適性検査」

参照:キミスカ


キミスカの適性検査は、無料とは思えないクオリティ

この自己分析ツールは、9種類の客観的データを見ることができます。

適正検査でわかること

  • 性格の傾向
  • 意欲の傾向
  • 思考力の傾向
  • ストレス耐性
  • 価値観の傾向
  • ネガティブ傾向
  • 職務適正
  • 戦闘力
  • 虚偽回答の傾向

上記を見ることで、自分の本質に気づくことができます。

グラフを用いて細かくまとめられているので、非常にわかりやすいのが特徴。

キミスカのメリット

  • 自分を客観視できる
  • 面接でよく聞かれる「長所・短所」がわかる
  • 相性のいい企業からオファーがくる

全く自己分析したことない人は、とりあえずキミスカの 「適性検査」 からやってみてください!

無料でたった1分程度で新規登録できます。

>>キミスカ適性検査を試してみる

キミスカの適性検査を既にやった人は、適性診断AnalyzeU+というのもオススメです。

自分の強みを活かしたい!という人はぜひ利用してみてください。

自己分析のやり方をマスターして就活を攻略しよう

分析している人

いかがでしたか?

この記事では、「自己分析の目的からやり方」までご紹介しました。

最後に内容のおさらいをしましょう。

自己分析の目的

  • 自分のことを知る
  • 就活の軸を明確にする

自己分析のやり方

  • モチベーショングラフを書く
  • 自分史をつくる

自己分析をしっかり行い、内定を勝ち取りましょう!

登録なしの自己分析ツールはコチラの記事でまとめています。

登録なし自己分析ツール

自己分析が終わったら、次にやることは「就活の軸を決めること」です。

就活の軸の決め方を参考にしてください。

-就活準備
-