就活サービス

就活エージェントはいつから使うべき?ベストな登録時期を解説!

就活

就活エージェントを使いたいけどいつから使えばいいかわからない。と悩んでいませんか?

志望企業に内定するために、使うべきベストな登録時期が知りたいですよね。

中には就活エージェントを今から利用しても大丈夫か不安な人もいるかと思います。

僕は22卒理系で実際に最近まで就活を行っていました。

そこで、就活エージェントを利用する就活生のために、いつから使うのがベストなのか解説します。

この記事を読むことで、志望企業内定にグッと近づくと思います。

ぜひ参考にしてください。

就活エージェントはいつから使えるの?

就活

結論からいうと、就活エージェントはいつから使っても問題ありません。

なぜなら、いつ利用しても基本的に受けられるサービス内容は変わらないから。

就活エージェントとは、求人の紹介から内定獲得までをサポートしてくれるサービスです。

就活エージェントを使おうかなと思った時点で、就活エージェントを使えはOKです。

おすすめの就活エージェントはこちらで解説しています。

オススメの就活エージェントを見てみる

いつから使ってもいいと述べましたが、就活を有利に進めるために最適な時期があります。

おすすめのタイミングを次の章で解説していきます。

就活エージェントはいつから使うべき?おすすめの登録時期

就活

基本的に就活エージェントはいつから利用しても問題ありません。

しかし就活エージェントを登録するに適した時期が2つあります。

それは下記の通り

利用に適した時期

  • 就活が本格化する大学3年の3月まで(ベスト!)
  • 大学4年の8月以降

それぞれ解説していきます!

就活が本格化する大学3年の3月までに登録(ベスト!)

1つ目は「大学3年の3月までに登録する」こと。

なぜなら、早い段階で就活対策ができるから。

大学3年の3月までに登録するメリット

  • 自己分析を早めに終わらせられる
  • 早期内定を獲得できる
  • 就活ノウハウを学べる
  • 早めに内定を取るとメンタルが安定する
  • 紹介してもらえる企業が多い

上記のように、メリットがたくさんあります!

大学3年の3月までにはある程度、自己分析の精度を高めておく必要があります。

就活エージェントは、カウンセリングすることで、自己分析を一緒にやってくれます。

早い段階で自己分析を終わらせることができます。

大学3年の3月以降は、就活が本格化しエントリーシートの提出が求められます。

3月までに自己分析がしっかりできていないと、書類選考が通らないという問題が生じてしまいます。

また大学3年の3月以降は、就活エージェントの利用が増えます。

3月になると就活エージェントが忙しくなり、エージェントのサポートを最大限に活用できない可能性もあります。

僕の意見としては、大学3年の3月までに利用するのが、就活エージェントを利用するベスト時期だと思います。

オススメの就活エージェントを見てみる

大学4年の8月以降に登録

2つ目は「大学4年の8月以降」です。

大学4年の8月以降は、就活を終える就活生が多く、就活生の動きが落ち着いてきます。

大学4年の8月以降のメリット

  • 就活エージェントの手厚い支援が受けられる
  • 就活エージェントに優良求人が集まる

この時期もオススメのタイミングと言えます。

4年の8月以降の時期は、就活エージェントの利用者が減ってきて、手が空いています。

要するに、内定を獲得するため手厚い支援が受けられる時期です。

また8月以降は、内定辞退者が出ます。

内定辞退者の分を補うために、就活エージェントに優良求人が集まります。

  • 内定はあるけどこのままでは不安
  • 内定が一個もない

という人は、就活エージェントを利用しましょう。

オススメの就活エージェントを見てみる

就活エージェントを早期利用するべき理由

就活

就活エージェントは、基本的に早期利用するのがおすすめです。

就活エージェントを早期に利用するべき理由は以下の通り

就活エージェントを早期利用するべき理由

  • 自己分析を早めに終わらせることができる
  • 就活ノウハウを早い段階で学べる
  • 早期内定を獲得できる
  • 早期内定でメンタルが安定する
  • 紹介してもらえる企業が多い

それぞれ1つずつ解説していきます。

自己分析を早めに終わらせることができる

1つ目は「自己分析を早めに終わらせることができる」から。

自己分析は、就活が解禁となる3月までには終わらせる必要があります。

就活エージェントを早期に利用することで、自己分析に余裕をもって取り組めます。

キャリアアドバイザーとのカウンセリングにより、自己分析の精度も高くなる可能性もあります。

就活ノウハウを早い段階で学べる

2つ目は「就活ノウハウを早い段階で学べる」から。

就活エージェントを早期に利用すれば、ES添削や面接対策といった就活ノウハウを早い段階で学べます。

早い段階で就活ノウハウを学ぶことができれば、就活が解禁となったときに就活を効率的に行うことができます。

志望企業の内定に近づく可能性が高くなるというわけです。

早期内定を獲得できる

3つ目は「早期内定を獲得できる」から。

就活エージェントは、独自の選考ルートがあったり、非公開求人があったりします。

要するに就活エージェントを早期に利用すれば、早期内定が獲得しやすいです。

また就活は1社内定を取るまでに苦労する学生が多いです。

早期内定を獲得することは、他の学生よりも優位に立つことができます。

早期内定でメンタルが安定する

4つ目は「早期内定でメンタルが安定する」から。

先ほど述べた通り、就活エージェントを早期に利用すれば早期内定が獲得できます。

早期内定があることは、メンタル面での大きなメリットがあります。

内定があるのとないのとでは、就活のモチベーションも違います。

大学受験の時には滑り止めの大学がありましたよね?

滑り止めの大学に受かっていたことで、大本志望の大学受験勉強に専念できたと思います。

早期内定は上記と同じです。

早期内定を獲得することで、より志望度の高い企業への就活のモチベーションUPや選考対策に専念することが期待できます。

紹介してもらえる企業が多い

5つ目は「紹介してもらえる企業が多い」から

就活が後半にいくにしたがって、採用を終える企業が多いです。

つまり早い段階で利用すればするほど、紹介してもらえる企業が多い傾向にあります。

紹介してもらえる企業が多いということは「自分に合った企業を紹介してもらいやすい」ということ

たとえば

  • 1,000個の求人から5個
  • 100個の求人から5個

どちらが自分に合った企業を紹介してもらえるかは明らかですよね。

前者の方が、就活生の希望や性格に合った企業を紹介してもらいやすくなります。

就活生は、無料で就活エージェントを利用できるので、ノーリスクでこれらの恩恵をうけることが出来るというわけです。

まとめ:早めに就活エージェントに登録しよう

就活

いかがでしたか?

本記事では、「就活エージェントをいつから使うべきか」ということについて解説してきました。

最後に記事のおさらいをしましょう。

本記事のおさらい

就活エージェントはいつから利用してもOK

使おうか迷ったタイミングで使うべき

就活エージェントおすすめの登録時期

  • 就活が本格化する大学3年の3月まで
  • 大学4年の8月以降

就活エージェントは早期利用が1番いい

就活エージェントに登録して、就職活動を乗り切りましょう!

おすすめの就活エージェントを見てみる

-就活サービス
-